blog

ブラジリアン柔術流、ストレスを溜めない上手な方法

img_6678.jpg

 

『スポーツ秋!身体を動かす習いごとやってみよう!入会キャンペーン!』実施中!

内容:道衣(2万円相当)無料プレゼント+TATORUオリジナルステッカープレゼント!
先着:5名様限定!
期間:10月1日〜10月31日

 


こんにちは!TATORU広報部です!

今日は大なり小なり誰もがかかえるストレスについてのお話です!

 
ストレスは気づかないうちに、身体や心をむしばんでいくものです。そして気がついたときには、うつ病やパニック症などのメンタル不全になってしまうこともあります。
現在、日本には958,000人のうつ病・躁うつ病患者がいるといわれます(2011年厚生労働省調べ)。なんと、じつに国民の135人に1人がうつ病・躁うつ病にかかっている計算となります。

 

 

こういったストレスを増やさないために最も効果的なのが、ブラジリアン柔術道場です!

 

7583898640_img_8177-1.jpg

 

 

何故ブラジリアン柔術をやるとストレスが軽減されていくのか、いくつか上げてみます!

 

 

 

無心で打ち込める!同じ目的の仲間がいる!自然と笑顔が出る!
img_6528.jpg

 

ブラジリアン柔術は大人同士が本気で取っ組み合います。仕事を忘れてブラジリアン柔術道場で勝った負けたを言いながら、自分の「必殺技」を掛け合う。これほどのストレス解消はきっとないでしょう。打撃がないので、顔に傷がつかないのも社会人にとって大事なことですよね。

 

7583897760_img_8322.jpg

 

 

 

職場以外の仲間とワイワイガヤガヤ!

img_9358.jpg

 

職場の人間関係も大切です。
しかし職場だけになると、どうしても上下関係があったり、気を遣ったりする場面も少なくありません。しかし、共通の趣味での集まりはそういった気遣いは一切必要ありません。
難しいことは何もなしで、ただ飲んで食べておしゃべりをすると多くのストレスは消えてなくなります!

 

 

 

睡眠がしっかり摂れる!
img_5597-1.jpg

 

理想の睡眠時間は6時間〜8時間と言われます。人によって必要な睡眠時間は異なりますが、全身運動の柔術で体を動かした後はとにかくぐっすり眠れます。夢をみる暇もありません!翌朝は心地よい爽快感に包まれていることでしょう!

 

6176669568_img_7701-1.jpg

 

 

悩みごとはひとりで抱えると解決策が見つかりづらくなります。道場で仲間と汗を流すと、不思議とその悩みも小さいことに感じてくることでしょう!ブラジリアン柔術で心身ともに健康になりましょう!

 

 

以上、TATORU広報部からでした!

 

 

 


 

「TATORU(タトル)のコンセプトは大人の社交場です。社会に出ると理不尽なことや負けれないことがたくさんあると思います。格闘技のいいところは何度負けてもいいところなので、道場でたくさん負けて、負ける楽しさを知って、そしてストレスのない生活を送っていただけたらと思います。是非、ブラジリアン柔術をやってみてください!by道場長:高亀 洋介img_6272.jpg

 

熊本県熊本市南区出仲間8丁目5-26
ブラジリアン柔術道場
ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)
070-5817-9689

白い靴を買いました

基本的に下半身に白いのはあまり好きではありません。

 

特に白いズボン履く人とか意味がわからないと思っているタイプです。白いズボン履いている人=ナルシストと思っているくらい偏った考えをもっています。

 

なので、白い靴も自然と敬遠してきました。けどこれじゃいけない!と思ってついに白い靴を購入しました!

 

img_0450.jpg

 

外反母趾なので今回もニューバランスです。

 

アシックスの靴はすぐに挫折したので今回はしっかり履き込んでいきたいですね。
ちなみにスエード生地って洗えないんですね。昨日生まれてはじめて知りました。よく履いてる靴もスエード生地で、じゃあどうすればいいんだよ!って話ですが、手入れの方法記事見つけました。それはこちらから。

 

ではまた!

 

それと今日も書いてもらえませんでした!ずこー!

メッセージがほしいの

こんちは!

 

スターバックスにいくとカップにメッセージ書いてもらえますよね。キュートすぎるメッセージから心温まるメッセージまで、とてもステキなサービスです。

 

img_0395.jpgimg_0397.jpg

 

 

 

けど、わたしは書いてもらったためしがありません。

 

img_0392.jpgimg_0195.jpg

 

いつも白紙です。
こっちから書いてくださいというのも照れくさいし、満面の笑みを浮かべて待機しているのもおねだりしてるみたいで気持ち悪いだろうし、けど書いてもらいたいので、いつも「とにかく行く」、というのを心掛けています。

 

いつか書いてもらえる日が楽しみです。

 

ではまた!