Blog

いじめっ子対策に、ブラジリアン柔術道場が最も効果的!

img_6497.jpg

こんにちは、TATORU広報部です!

子どもが小学生ごろになると心配になってくるのが、「いじめ」の問題。加害者になるのも被害者になるのも、誰でも可能性は出てきます。

「いじめ」には、いろんな要因はあるので、何が1番の解決方法かは難しいですが、問題解決のひとつとして、いじめられたらやり返すという解決方法もあります。

一見乱暴な言葉に聞こえますが、無抵抗にしていると、いじめっ子はさらに、暴力を強めてきます。やり返すことは、一度はやらなければいけないことなのです。このへんの教育は、今の学校教育ではタブーとされているところなのかも知れませんが、これは今の日本の良くないところだと思います。1度徹底的にやり返す戦えばいいと思います。

そこで一番役立つのが、ブラジリアン柔術です。

6243757552_img_4566.jpg

ブラジリアン柔術は打ったり蹴ったりの打撃がない格闘技です。しかし一度組み合えば相手を傷つけることなく相手をタップアウト(参った)、コントロールすることができます。まさにセルフディフェンス(自己防衛・護身)です。

もしお子さんが、先生にも頼れない。親にも言えない。ということが起きてしまう前に、大人と一緒に、ブラジリアン柔術道場で、安全に鍛えていれば、学校でのいじめを未然に防ぐこともできますし、色んな人と知り合いになって、仲間ができます。仲間がいれば、性格も明るくなりますし、万が一いじめにあっても、誰かに相談するでしょう。

いじめている側も一緒です。道場で負けを知り痛みを知り、そして相手を思いやる気持ちが芽生えてくれば自然といじめることもなくなるでしょう。今のいじめの原因のひとつとして、いじめる側の「ストレス」というのもあると思います。そういったストレスも一発で吹き飛ばしてくれます。

間違ってもブラジリアン柔術道場は乱暴者を育てるような場所ではありません。礼儀正しい、相手を思いやる人間をはぐくむ場所です。それは現代の学校では絶対に学ぶことができないことなのです。

img_2148.jpg
img_3784.jpg

「柔術で、強く優しい心をはぐくもう!」

 
以上、TATORU広報部からでした!


「大事にしているのはオンとオフです。聞く時はしっかり聞く、やる時は集中してやる。休憩の時はふざけても構わないので、休憩が終わったら帯を締め、またオンのスイッチを入れる。大人になった時に柔術でやっていたことが無意識でいいので活きるような、そんな指導を心がけています。by道場長:高亀 洋介

熊本県熊本市南区出仲間8丁目5-26
ブラジリアン柔術道場
ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)
070-5817-9689

LINEで送る