Blog

九州柔術選手権2016結果

チームポイント112ポイントで3年連続団体2位という結果でした!

 
勝負事には必ず勝者と敗者がいます。

 
しかし両者ともに、その姿はとてもかっこいいです。

 
それは何故か。

 
それは、やった過程にこそ、そのチャレンジにこそ価値があるからだと思います。

 
相手こそいますが、結局は自分へのチャレンジです。それを恐れず、やり遂げた事はそれはもうファイターです。

 
「戦う姿は美しい」

 
今回出場した21名のチャレンジャーは、きっと良い経験を得たと思います。

 

【団体結果】
優勝 パラエストラ北九州 195ポイント
準優勝 TATORU(タトル) 112ポイント
三位 DESTINY GYM 40ポイント

【個人結果】
白帯
平井孝明 アダルトライトフェザー級優勝 / 無差別級優勝
平木誠人 アダルトライトフェザー級3位
池田祐樹 アダルトフェザー級3位
野村暖  アダルトライト級3位 / 無差別級2回戦敗退
宮崎泰邦 アダルトヘビー級優勝 / 無差別級3位
蓑田めぐみ 女子アダルトフェザー級優勝 / 無差別級3位
名和佳宣 マスター2ライト級準優勝 / 無差別級準優勝
坂田康生 マスター3フェザー級準優勝 / 無差別級3位
蓮岡孝治 マスター3フェザー級3位
丸田秀一 マスター3ライト級準優勝
青帯
西岡克啓 アダルトライトフェザー級3位 / 無差別級1回戦敗退
上野正城 アダルトフェザー級3位 / 無差別級1回戦敗退
鶴園啓吾 アダルトライト級3位 / 無差別級2回戦敗退
坂本陽  ※女子アダルトライト級優勝 / 無差別級準優勝
三池勇太 ※マスター1フェザー級優勝 / 無差別級優勝
西岡憲司 マスター1ヘビー級優勝 / 無差別級3位
有田尚寛 マスター2フェザー級準優勝 / 無差別級優勝
栗原英輝 マスター2ライト級優勝
正部家大介 マスター3フェザー級準優勝 / 無差別級3位
坂本信二 マスター3ライト級準優勝
紫帯
今井謙作 ※マスター1ミディアムヘビー級優勝 / 無差別級準優勝
※1人トーナメント優勝

LINEで送る