Blog

海外の強い柔道家は柔道を学んでいる

 

 

こんにちは、高亀です。今TATORUでは、柔道強化のために現役柔道家の入会が相次いでいます。柔術の寝技が柔術に活きるかどうか。結論からいうと正直あまり活きないと思います。

それはなぜかというと、ルールがちがうからです。柔道の寝技は待てが早いのでスピーディーな寝技が求められます。逆に柔術の寝技の攻防には待てがないので、じっくり相手を仕留めにいくような攻防が多いです。

 

しかし、柔道家は柔術をやった方がいい。それは何故かというと、エビの動きなどの共通する寝技の基本動作の使い方がちがうからです。柔術の方が理にかなっている。

そのエビを例にしていうと、柔道のエビは相手を思いきり突き放す場合が多いです。しかし柔術のエビはスペースを作るためにエビをする。突き放す必要はなくて、拳1個分のスペースさえできれば、そこから攻撃もできるし守ることもできます。

 

柔道は瞬発力が大事な競技なので、的確なタイミングでパワーを使っていきたい。寝技の攻防で疲れたくないです。柔道の寝技で力使うところは、関節技、絞め技で1本とりにいく時だけでいいです。そういう的確な力の使い方を覚えるだけで、本業の柔道もさらに飛躍的に伸びると思います。

 

 

「海外の強い柔道選手が柔術を学んでいるのには理由があるんです。」

 

img_2274.jpg

道場長:高亀洋介

 

 

 

img_2329.jpg

 

熊本ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)

熊本市南区出仲間8丁目5-26

07058179689

 

クラススケジュールは、こちらから

見学・体験は、こちらから

アクセスは、こちらから

TATORU公式Instagramは、こちらから

柔術を始めたい人に必見の公式YouTubeは、こちらから

LINEで送る