Blog

柔術って怪我しないって本当?

 

こんにちは、高亀です。今回は柔術の怪我についてお話をしたいと思います。柔術をやる上で残念ながら怪我は少なからずあります。しかし、他の格闘技に比べると圧倒的に少ないです。

 

何故少ないかというと、打撃がないからです。柔術は寝技中心の格闘技です。しかし、例えば投げ技で相手に投げられてバランスとるために手をついた時に相手の体重が乗って骨を折る、脱臼するということもあります。ですが、これに関しては、当道場ではスパーリングを寝技からスタートしますので、投げ技になることは、まぁありません。柔術は投げ技もありますが、あまり重要ではないんです。

 

また、技を出す受けるときに故意ではなく、スネが顔に当たるなどのこともあります。柔術で一番多いのはアザができることです。自分では気が付かないけれど、よく家に帰って、首のところが赤くなっている。みたいなことがあります。

 

また、始めたばかりのときは、とにかく全身筋肉痛で立てないなんてこともあります。それはそれで、成長痛みたいなもので、格闘技やってる感を感じれていいんですけどね。

 

TATORUの独自ルールで関節技、絞め技が形に入ったら、それで終了。というルールを作っています。極まってるのに我慢しない、極めた人も必要以上に極めきらないことによって、怪我を未然に防いでいます。スパーリングはあくまで練習です。喧嘩ではありません。形に入ったら勝負あり。またリスタートして新しい攻防に切り替えた方がお互いにとって効率がいいです。

 

柔術を始めるにあたって、仕事されている方は特に怪我は心配される要因のひとつだと思います。明日の仕事に響くようなことはしたくない。というのはよくわかります。顔にアザを作ることは、他の打撃系格闘技よりも圧倒的に少ないですが、上記の理由で絶対にないとは言えません。ですが、本当にごくまれです。柔術をやる上で体が強くなるというメリットと、体が痛くて仕事ができない。というデメリット、両方があるとすると、圧倒的に前者のメリットの方が多いので、TATORUメンバーも今日も道場に来てくれているのだと思います。

 

まとめると、怪我はつきものだけれど、大抵が体にできるアザ。大怪我はないような仕組みですので安心して体験・見学に来ていただければと思います。そうそう。今月のキャンペーンは入会金無料と私に男性はじゃんけんで勝てばステッカーが当たります。女性は女性スタッフ高本に腕相撲で勝てば、7月分の月謝無料。定員7名で残り少なくなっていますのでお急ぎください。
img_2274.jpg

道場長:高亀洋介

 

 


 

クラススケジュールは、こちらから

見学・体験は、こちらから

アクセスは、こちらから

TATORU公式Instagramは、こちらから

柔術を始めたい人に必見の公式YouTubeは、こちらから

 

熊本ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)

熊本市南区出仲間8丁目5-26

07058179689

LINEで送る