Blog

子どもの運動神経はゴールデンエイジで決まる!

 

img_2321.jpg

 

クラススケジュールは、こちらから

アクセスは、こちらから

見学・体験は、こちらから

TATORU公式Instagramは、こちらから


皆さま、「ゴールデンエイジ」という考え方をご存知でしょうか。

 

 

ゴールデンエイジとは、主に小学生4年生~6年生程度(10~12歳)の子供たちを指すもので、この時期の運動への取り組み方が将来に大きな影響を及ぼすものです。

ゴールデンエイジの基本的な考え方とは、「この時期に獲得した運動神経は、大人になったときの運動神経とおなじ」というものです。つまり、大人になった今の運動神経は、この時期に作られていた、ということです。

 

そして、さらに「プレゴールデンエイジ」という時期があります。主に2歳~9歳程度を指します。この時期は神経系が著しく発達する時期で、ひとつの動作でひとつの神経回路が作られるというくらい、神経回路の配線がものすごい勢いで進みます。運動神経の基礎はこの時期に作られるため、できるだけ多くの種類の運動や動作を経験させることが重要です。

 

 

この「ゴールデンエイジ」は、どのように作られるのでしょうか。

 

 

それは、基本的には「遊び」です。学校から帰ってランドセルを放り投げ、友だちと鬼ごっこや缶蹴り、相撲やボール遊びなど、暗くなるまでクタクタになるまで遊びます。人の家のブロック塀の上を歩いたり、木登りして落ちそうになったりと、多少、危ないめにも遭うこともあるでしょう。

こういった外での遊びが、多様で複雑な神経回路を作り上げ、運動神経の基礎となっていくのです。

 

img_3682.jpg

 出典:https://yaplog.jp/sendai_kaze/archive/347

 

 

そして、今の子たちどうでしょう。学校から帰ってランドセルを放り投げるまでは一緒かも知れません。しかし、すぐにテレビやタブレットでゲームを始めるのではないでしょうか。友だちと遊ぶにしても、以前は家まで走っていったものですが、今は携帯電話やメールで解決します。

手先指先は器用になるかも知れません。しかし、それは一生に1回しかない、(ゴールデンエイジの)貴重な期間を無駄に過ごしているともいえます。

 

※「ネトゲ廃人」になどになったら目も当てられません…

img_3673.jpg

 

 

 

そういったかけがえのない「ゴールデンエイジ」の時期に、おすすめなのがブラジリアン柔術です。

 

 

7583948320_img_2474-1.jpg

 

 

 

TATORUキッズクラスでは、以下のことを重点的に力を入れ、クラスをおこなっています。

 

 

 

 遊びを取り入れた基本運動の発達

特にプレゴールデンエイジの子どもたちは、大人と比べると動き方にスムーズさがありません。簡単にいうと動きが大ざっぱです。この大ざっぱな動きのことを「粗形態(そけいたい)」といいます。粗形態の時期は、運動神経の回路の配線をおこなっている状態なので、ひとつでも多くの配線ができるように、大ざっぱでいいので、いろいろな運動経験をさせることが重要です。

当スクールでは、最初の準備運動で、ダッシュ、前回り、後ろ回り、ケンケン、側転、ハードル跳びなど、最初はできなくていいので、子どもに運動神経の基礎となる、多くの種類の運動や動作を、競争させたりリズムを入れたりなどの遊びの要素を入れながらやってもらいます。

 

7650963504_img_0830-2.jpg

 

img_8083.jpg

 

 

 

 ドリルで遊ぶ

この時期はとにかく吸収力と好奇心が旺盛です。ひとつのことには信じられないほどの集中力を見せますが、その集中力は長続きせず、新しいものに興味を移しがちです。これは子どもたちが神経回路にさまざまな刺激を与え、配線を増やしていこうという本能の現れなのです。

柔術の動きには、ブリッジ、回転、伸びなど、神経回路を増やすのに必要な動作が多く要素がつまっています。

しかし、それを無理にやらせようとしても、きらいを通り越して最終的にはやらなくなってしまいます。柔術の動きには、大人でも難しい動きがたくさんあります。それを例えば3テンポの手順でできるよう工夫して、できた喜び、そして最終的に身につく楽しさを学んでもらいます。

 

7583936320_img_2532-2.jpg

 

7583936320_img_2521.jpg

 

 

 

 ほかの子と比べない

成長には、それぞれ速度があります。すぐにできる子もいればなかなかできない子もいます。しかし、いずれみんな自転車に乗れるのと一緒で、速度のちがいこそあれど、みんなできるようになります。

無理にさせて運動やスポーツや柔術をきらいになっては、元も子もありません。当スクールでは、それぞれを個性を見きわめ、その子どもにあった速度で柔術をおこなっていきます。

 

img_4538.jpg

 

7650963504_img_0804.jpg

 

7650963504_img_0818.jpg

 

 

 

無心で遊べる野生的な環境こそが子どもたちを伸ばします。

 

柔術の動きは取っ組み合いで、それは動物的で野生的です。道場のマットにはどれだけ回っても転んでも安全で、子どもの頃に必要な運動神経の基礎となる動きがすべてがつまっています。

 

7650963504_img_0834.jpg

 

 

 

 TATORUでは、子どもの個性を大切に、カラダを動かすことを好きにつなげます!

 

 

 

以上、TATORU広報部からでした!

 

 

img_2857.jpg

 


自転車は乗っていないと坂を登るのもきついです。しかし自転車に乗ることはできます。これが運動神経です。運動神経は一度身につければ衰えることはありません。

その運動神経は10歳で決まると言われています。カラダを動かすことで1番大事なのは楽しむことです。せっかくやるのなら、楽しく真剣に、大人になった時にもカラダを動かすことが好きであってほしいと思います。週に3回のキッズクラス、わたし自身も「楽しく」「安全に」を心掛けながらおこなっています。by道場長:高亀洋介

img_2274.jpg

 


 

img_1979.png

 

img_1981.png

 

クラススケジュールは、こちらから

アクセスは、こちらから

見学・体験は、こちらから

TATORU公式Instagramは、こちらから

 

 

【過去ブログ抜粋】
熊本のスポーツ系ジムで、TATORUが選ばれる7つのポイント
スポーツジム続かない人は柔術やってみれば?
今子どもに習わせたい究極の習い事、ブラジリアン柔術!
インタビュー・去年より今年の自分がいい
インタビュー・柔術はやればやるほど面白い
インタビュー・息子のために、自分のために強くなりたい
インタビュー・負けそうな自分のために、柔術がある
インタビュー・痩せていく楽しさから、覚えていく楽しさへ
インタビュー・親子というより、友達になった感覚
熊本の歯医者さんが柔術をやっている
始める前に知っておきたい!ブラジリアン柔術のルール
V6の岡田准一さんもハマるブラジリアン柔術の魅力とは
46歳からだって始められる!品川祐さん、ブラジリアン柔術の大会に挑戦!
受け身大切!梅宮辰夫さん、30針を縫う大怪我!
熊本のおしゃれ好きな人たちに、ブラジリアン柔術をやってほしい!
人生が楽しくないと思っている方に、ブラジリアン柔術のススメ
ブラジリアン柔術で体脂肪10%減の効果!
 勉学とスポーツの両立に、お子様の習いごとにブラジリアン柔術がおすすめ!
 いじめっ子対策に、ブラジリアン柔術道場が最も効果的!
息子よ、おれを越えていけ

 

熊本ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)

熊本市南区出仲間8丁目5-26

07058179689

今子どもに習わせたい究極の習い事、ブラジリアン柔術!

10780933120_img_3867-1.jpg

 

 

こんにちは、TATORU広報部です!

 

今全国で柔術を学ぶ子たちが急増中です。

今の時代だからこそ、ブラジリアン柔術をお勧めする理由が8つあります。

 

 

 

1.しつけやマナーに役立つ

道場は社会的ルールを教えるのにとてもいい場所です。柔術で最も基本的な教えは相手がいないと成立しないということです。よって相手を思いやったり、尊重することを学べます。言葉遣い、 掃除片付け、自分より下の者への配慮。あらゆることを学べるでしょう。

10780885472_img_3936.jpg

 

 

2.怪我しづらい

道場というと、怪我をまず心配されるかもしれませんが、実は逆です。何もしないよりは怪我をするかもしれませんが、まず体が丈夫になるので普段から怪我しにくい体になるでしょう。

7583948320_img_2474.jpg

 

 

3.友達が出来る

道場で出来る友達は、学校の友達と違って世代も違うし、苦楽を共にするので絆も深まります。 

img_0071.jpg

 

 

4.いじめられなくなる

柔術を体験すると、学校でのいじめっ子の暴力が怖くなくなります。逆に自分に自信が持てるので、自然と学校生活も楽しいものになるでしょう。

img_1307.jpg

 

 

 

5いじめっ子には逆になりづらい

道場で体験する、相手を怪我させずに戦う事の大事さを知れば、絶対に誰かを傷つけようなんて思いません。

10782018512_img_3923.jpg

 

 

 

6.ストレス解消になる

現代の子供はあまり動きません。ゲームばかりやったり、外であまり遊ばなくなったり、そもそも少子化なので外で遊ぶ友達もあまりいません。そういったときに柔術は子供の持つ暴れたい欲求を解消してあげられます。

7583936320_img_2546.jpg

 

 

 

7.逆に勉強がはかどる

定期的な運動は、脳の発育に非常に良いです。また柔術は非常に論理的に構築された 格闘技ですので、それを学習する過程で、あらゆる勉強の基礎が自然と身に付きます。

img_2225.jpg

 

 

 

8.お金がかからない

かかるのは最初の道着代くらいです。月謝は週3回の練習で月5,000円。クラススケジュールはこちらから。

 

 

9.人への抵抗がなくなる

取っ組み合いのコミュニケーションは、人と人の心の壁をあっさり取り払います。 子供時代にそれを体験しておくと、大人になっても人を怖がらない人間になるでしょう。

10743462528_img_3689-1.jpg

 

 

 

「子供に何の運動させようかしら??」とお悩みのお母さん。

サッカーも野球も水泳もいいと思いますが、柔術も視野に入れてみてはいかがでしょうか?
ブラジリアン柔術はお子様の成長をサポートしてくれる、究極の習い事だと思います。

 

 

以上、TATORU広報部からでした!

 

img_9819.jpg
クラススケジュールは、こちらから

アクセスは、こちらから

見学・体験は、こちらから

TATORU公式Instagramは、こちらから

 

熊本ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)

熊本市南区出仲間8丁目5-26

07058179689

キッズたちの柔術大会デビュー戦!

10782115664_img_3880.jpg

 

 

当初は体操教室のような、身体能力を伸ばす運動を中心にやっていたTATORUキッズクラス。

 

今年に入ってから本格的に柔術の練習を開始し、いよいよはじめての試合を迎えました。

 

 

 

10780926592_img_3959.jpg

 

10780736608_img_3876.jpg

 

10780735456_img_3926.jpg

 

img_1198.jpg

 

 

 

結果は、勝ったり負けたり泣いたり笑ったり。

 

 

柔術は子どもの成長過程おいて大切なことをたくさん教えてくれます。

 

 

練習や試合で、絞め技や関節技で1本(まいった)とられることもたくさんあります。

 

しかし、そういった経験や過程が、やっていい限度や人の痛みがわかるなど、常識のある大人に成長させてくれます。

 

10782018512_img_3923.jpg

 

 

当道場では、「腕立て〇〇回!試合は出なくちゃだけ!負けたら正座で反省!」などの部活的なノリの強制はありません。

 

 

道場にくれば、元気な挨拶をし、練習では道場友達とたくさん汗を流しながら真剣に取っ組み合いをおこないます。

 

それは学校とはまたちがったコミュニティもできることになるでしょう。

 

img_9819.jpg

 

 

TATORUでは多くの親子会員さんもいらっしゃいます。親子での取っ組み合いには一生の絆が生まれます。

 

10782106864_img_3950.jpg

 

 

 

今世界中で、多くの子どもが学んでいるブラジリアン柔術。

 

 

 柔術で、子どもの健全な心と身体を養いましょう!

 

 

以上、TATORU広報部からでした!

 

 

 

【試合結果】

img_1297.jpg

 

🥇金メダル

いのうえ よしとくん

 

🥈銀メダル

ながの まさとくん

やました りこちゃん

こが るつきちゃん

 

🥉銅メダル

ゆうくん

 

1回戦敗退

やなぎ りくくん

まるた しゅういくん

 

 

熊本ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)

熊本市南区御幸笛田3丁目3-11

07058179689