Blog

柔道のクロストレーニングに最適!柔術で押さえ込み強化!

7516835216_img_9203-1.jpg

 

 

 

当スクールでは、「大人の習い事」としてブラジリアン柔術を学んでいる一般の人たち以外に、「柔道の寝技強化」のために、柔道と並行して、ブラジリアン柔術に取り組んでいる小学生・中学生・高校生が20名以上在籍しています。

その中には、全国でもトップクラスの選手も在籍しています。(関東でもブラジリアン柔術を取り入れる記事をよく目にします。記事はこちらから)

 

7651044784_img_0026.jpg

 

柔道では、学年の段階に応じて、絞め技・関節技が反則だったりしますが、そういう絞め技・関節技って、実は押さえ込んだりのしっかりとした「コントロール」があって成立するものが多いんです。

なので、ブラジリアン柔術をやって、まず身につけたいのは、しっかり押さえ込む、逆に押さえ込ませないなどの、柔道にも通じる基本的な寝技の強さです。

 

また、いずれ、中学生になれば絞め技が解禁になり、高校生になると関節技も解禁になってきます。知っているけど使わない、知らないというのは大きな差です。(柔道のルールはこちらから)

 

7583921120_img_0638.jpg

 

投げた後の、次にくる押さえ込みが怖くなくなる、「自信をもった立ち技」につなげるためにも、ブラジリアン柔術を是非取り入れてみてはいかがでしょうか!

 

 

『柔道を学びながら、柔術の大会にも出場し経験を積んでいる池本兄弟(中学3年生と1年生)。2月におこなわれた福岡国際柔術選手権では、ふたりともアダルト部門(成人含む)で優勝し、寝技の実力を実績としても証明しています。今後の活躍が柔道でも楽しみです!』

7718161248_img_0148.jpg

 

 

以上、TATORU広報部からでした!

 

 

熊本県熊本市南区出仲間8丁目5-26
熊本のブラジリアン柔術道場
熊本の格闘技ジム
熊本ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)
070-5817-9689

親子で始めるブラジリアン柔術!

img_3263.jpg

 

『当スクールでは、親子で柔術を始める方が増えています。
取っ組み合いは、「どこまでは相手に許されるのか」「これをやったら痛い」など、お子様にとって加減のわかるいい勉強になります。

 

熊本では近い将来、小学校の部活がなくなります。
その受け皿ではないですが、柔術を通して、親子で楽しみながら相手の気持ちがわかる心を養っていただければと思います。

 

なにより、親子で一緒の習いごとをするというのは、何ものにも代え難いコミュニケーションになると思います。

是非お気軽に体験、見学にお越しください。』※クラススケジュールはこちらから

道場長 高亀 洋介

 

 

7516758896_img_9573.jpg

 

熊本県熊本市南区出仲間8丁目5-26
熊本のブラジリアン柔術道場
熊本の格闘技ジム
熊本ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)
070-5817-9689

TATORUホームページ
TATORUインスタグラム

TATORUフェイスブック

いじめっ子対策に、ブラジリアン柔術道場が最も効果的!

img_6497.jpg

 

こんにちは、TATORU広報部です!

 

子どもが小学生ごろになると心配になってくるのが、「いじめ」の問題。加害者になるのも被害者になるのも、誰でも可能性は出てきます。

「いじめ」には、いろんな要因はあるので、何が1番の解決方法かは難しいですが、問題解決のひとつとして、いじめられたらやり返すという解決方法もあります。

一見乱暴な言葉に聞こえますが、無抵抗にしていると、いじめっ子はさらに、暴力を強めてきます。やり返すことは、一度はやらなければいけないことなのです。このへんの教育は、今の学校教育ではタブーとされているところなのかも知れませんが、これは今の日本の良くないところだと思います。1度徹底的にやり返す戦えばいい思います。

 

そこで一番役立つのが、ブラジリアン柔術です。

 

6243757552_img_4566.jpg

 

ブラジリアン柔術は打ったり蹴ったりの打撃がない格闘技です。しかし一度組み合えば相手を傷つけることなく相手をタップアウト(参った)、コントロールすることができます。まさにセルフディフェンス(自己防衛・護身)です。

 

もしお子さんが、先生にも頼れない。親にも言えない。ということが起きてしまう前に、大人と一緒に、ブラジリアン柔術道場で、安全に鍛えていれば、学校でのいじめを未然に防ぐこともできますし、色んな人と知り合いになって、仲間ができます。仲間がいれば、性格も明るくなりますし、万が一いじめにあっても、誰かに相談するでしょう。

 

いじめている側も一緒です。道場で負けを知り痛みを知り、そして相手を思いやる気持ちが芽生えてくれば自然といじめることもなくなるでしょう。今のいじめの原因のひとつとして、いじめる側の「ストレス」というのもあると思います。そういったストレスも一発で吹き飛ばしてくれます。

間違ってもブラジリアン柔術道場は乱暴者を育てるような場所ではありません。礼儀正しい、相手を思いやる人間をはぐくむ場所です。それは現代の学校では絶対に学ぶことができないことなのです。

 

img_2148.jpg
img_3784.jpg

「柔術で、強く優しい心をはぐくもう!」

 

以上、TATORU広報部からでした!

 


「大事にしているのはオンとオフです。聞く時はしっかり聞く、やる時は集中してやる。休憩の時はふざけても構わないので、休憩が終わったら帯を締め、またオンのスイッチを入れる。大人になった時に柔術でやっていたことが無意識でいいので活きるような、そんな指導を心がけています。by道場長:高亀 洋介

 

熊本県熊本市南区出仲間8丁目5-26
ブラジリアン柔術道場
ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)
070-5817-9689