Blog

柔術と将棋って似ている?

img_7993.jpg

こんにちは!TATORU広報部です!連日が暑い日が続いていますが、そんな時は炭酸水にかぎりますね!特にセブンイレブンの炭酸水は、炭酸が異常に効いていてオススメです!ということで、今回は「将棋と柔術って似ている?」ってお話です!


最近、色んな分野で若手の台頭が目立ちます。
野球だと、ホームラン記録が期待されている早実・清宮幸太郎選手(18)。サッカーだと、わずか9歳でスペインの名門、バルセロナFCに入団した久保建英選手(15)。将棋だと、あの羽生善治三冠に勝利した藤井聡太四段(14)。

特に将棋の藤井聡太四段は、若干14歳ながら、デビュー以来いまだ負けなしの快進撃で、今後どこまで連勝記録を伸ばし続けるのか、世間の注目を集めています。

img_7994.jpg
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00010017-abema-soci

 

そんな、今話題の将棋ですが、将棋と柔術は似ているといわれます。
どう似ているかというと、将棋は王を取りにいくゲームです。柔術は相手を参ったさせるために、絞め技か関節技を狙いにいきます。
その過程の面白さがすごく似ているのです。
将棋は王を取るのが面白いのではなく、そこまでの過程の心理戦だったり、駆け引きが醍醐味だと思います。
柔術も同様で、 1本を取るまでの仕掛けだったり心理戦駆け引きが非常に重要であり、そこが面白さです。

身体と頭をフルに使った心理戦、それがブラジリアン柔術なのです。

そして、将棋も柔術も、最後は、負けた相手が参ったと意思表示をし、互いを称え合います。

ただ身体を動かすだけでは飽きてしまう人、ゲーム好きな人、元々スポーツ音痴な人、そんな人にこそブラジリアン柔術は最も向いているかも知れません!

 

以上、TATORU広報部からでした!初心者から始められる方が多い道場ですので、お気軽にお問い合わせお待ちしています!


「現在、TATORU(タトル)では160名を超える会員さんがブラジリアン柔術で汗を流し、エンジョイされています。女性も30数名の方が在籍されています。柔術の素晴らしさはとにかく夢中になれるところです。熊本でもたくさんの方にブラジリアン柔術を体験してほしいです。少しでも興味があれば、まずはお気軽にお問い合わせください!」by道場長:高亀 洋介

熊本県熊本市南区出仲間8丁目5-26
ブラジリアン柔術道場
ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)
070-5817-9689

いじめっ子対策に、ブラジリアン柔術道場が最も効果的!

img_6497.jpg

こんにちは、TATORU広報部です!

子どもが小学生ごろになると心配になってくるのが、「いじめ」の問題。加害者になるのも被害者になるのも、誰でも可能性は出てきます。

「いじめ」には、いろんな要因はあるので、何が1番の解決方法かは難しいですが、問題解決のひとつとして、いじめられたらやり返すという解決方法もあります。

一見乱暴な言葉に聞こえますが、無抵抗にしていると、いじめっ子はさらに、暴力を強めてきます。やり返すことは、一度はやらなければいけないことなのです。このへんの教育は、今の学校教育ではタブーとされているところなのかも知れませんが、これは今の日本の良くないところだと思います。1度徹底的にやり返す戦えばいいと思います。

そこで一番役立つのが、ブラジリアン柔術です。

6243757552_img_4566.jpg

ブラジリアン柔術は打ったり蹴ったりの打撃がない格闘技です。しかし一度組み合えば相手を傷つけることなく相手をタップアウト(参った)、コントロールすることができます。まさにセルフディフェンス(自己防衛・護身)です。

もしお子さんが、先生にも頼れない。親にも言えない。ということが起きてしまう前に、大人と一緒に、ブラジリアン柔術道場で、安全に鍛えていれば、学校でのいじめを未然に防ぐこともできますし、色んな人と知り合いになって、仲間ができます。仲間がいれば、性格も明るくなりますし、万が一いじめにあっても、誰かに相談するでしょう。

いじめている側も一緒です。道場で負けを知り痛みを知り、そして相手を思いやる気持ちが芽生えてくれば自然といじめることもなくなるでしょう。今のいじめの原因のひとつとして、いじめる側の「ストレス」というのもあると思います。そういったストレスも一発で吹き飛ばしてくれます。

間違ってもブラジリアン柔術道場は乱暴者を育てるような場所ではありません。礼儀正しい、相手を思いやる人間をはぐくむ場所です。それは現代の学校では絶対に学ぶことができないことなのです。

img_2148.jpg
img_3784.jpg

「柔術で、強く優しい心をはぐくもう!」

以上、TATORU広報部からでした!


「大事にしているのはオンとオフです。聞く時はしっかり聞く、やる時は集中してやる。休憩の時はふざけても構わないので、休憩が終わったら帯を締め、またオンのスイッチを入れる。大人になった時に柔術でやっていたことが無意識でいいので活きるような、そんな指導を心がけています。by道場長:高亀 洋介

熊本県熊本市南区出仲間8丁目5-26
ブラジリアン柔術道場
ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)
070-5817-9689

熊本のおじさんたちが今ハマっている格闘技、ブラジリアン柔術

大人になってハマるものって何でしょうか?
釣り、ゴルフ、バイク、飲み会、山登り、とかでしょうか。

しかし、最近熊本では、そういったのには目もくれず、ブラジリアン柔術にハマる(没頭する)おじさまたちが急増中です。
6174630896_img_4776.jpg6174654816_img_5899.jpg

ということで、どういった理由で柔術にハマっているのか、当スクールのおじさんたちにリサーチしてみました!

 

img_4193.jpg
(左)50代・Tさん「趣味はバイクと柔術です。そんな趣味の柔術ですが、一昨年は高亀代表と一緒に世界大会に出場することができました。趣味から本気まで目指せる、そんな幅広い選択肢があるのがブラジリアン柔術の人気の秘訣だと思います。」
(右)40代・Sさん「子どもの頃に遊んでいたプロレスごっこのノリでやってますね(笑)タトルにくると年齢関係なくみんな子どもに戻ったように楽しんでいるように見えます。なんか柔術は楽しいですね。あと絶対に痩せます。しかも全身運動なので、引き締まったカラダが手に入りますよ。熊本の中高年の皆さん、タトルお勧め!

 

img_4191.jpg
(左)40代・Kさん「元々病弱で、学生時代には生死をさまよう大病を患ってしまったこともあったのですが、柔術を始めてからは肉体的にも精神的にも強くなり、今では風邪ひとつ引かない健康優良おっさんになってしまいました(笑)あとは道着が格好よくファッション感覚で着こなせるのも好きです。」
(右)30代・Iさん「スポーツジムでカラダを鍛えるのが趣味だったのですが、ひとりで黙々やるのに嫌気が差してずっと前から気になっていたブラジリアン柔術道場に入門しました。仕事で嫌なことがあっても柔術があるからいいやって思える、自分に欠かすことのできないライフスタイルのひとつになりました。ちなみに隣のKさんとはライバルです。いつも先を行かれていますが、いつか追い越したい良き先輩です!」

 

img_4002.jpg
(左)40代・Mさん「きついけどとにかく楽しいですね。ここにくると色んな職種の方がいらっしゃるので、そういった人たちと仕事の話をしたり聞いたりするのもいいリフレッシュになっています。道場主催の飲み会も多いのでそちらも楽しみにしています。共通の趣味で盛り上がるお酒の席は最高に盛り上がります!
(右)40代・Kさん「単純にブラジリアン柔術は楽しいです。年齢を重ねても怪我しにくいし、何歳から始めても強くなれます。わたしも40過ぎていますが今でも大会に出ています。勝ったり負けたりありますが、自分のためにも子どもたちのためにも、強くあり続けたいです。」

 

いろんな理由がありますね!いろんな理由がありますが、これだけは共通していると思います。

「一生楽しくやれるよ!」

 

おじさん大歓迎です!弱くたっていいんです。まさか自分がブラジリアン柔術をやるとは思ってもいなかった。という方ばかりですので、体力に自信がない方も、何も心配なさらずに、お問い合わせください。こんな世界があったのかと、今まで人生損した気分になるはずです(笑)by道場長:高亀 洋介

熊本県熊本市南区出仲間8丁目5-26
ブラジリアン柔術道場
ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)
070-5817-9689