Blog

帯昇格式

九州柔術選手権の結果をうけて、先週帯昇格式をおこないました。

ブラジリアン柔術の帯は、白→青→紫→茶→黒の5段階に分かれていて、昇格基準は道場によって様々ですが、TATORUでは、
1.試合結果
2.技術の熟練度
3.スパーリング内容
4.練習頻度
5.年齢
6.指導力
以上6点を優先順位はなしに昇格基準としています。

ということで、今回の対象者は5名。
紫帯 高橋 謙人
青帯 西岡 克啓
青帯 カルロス ゴンザレス
青帯 大野 央至
青帯 栗原 英輝

高橋さんは青帯を10年巻いていました。帯ももうボロボロでしたね。
西岡さん、大野さん、栗原さんは白帯を3年、カルロスは1年半巻いていました。

柔術は旅だとよく言いますが、黒帯までの道は非常に険しいです。黒帯になったらなったで、また新たな道が用意されています。
その道中には家庭だったり仕事だったり怪我だったり色んな障害がありますが、そのハードルを越えて行ける力こそが強さだと思います。
歩みは自分のペースでいいので、柔術を通して本当の「強さ」を手にしていきたいですね!

対象の5名の方々、おめでとうございます!


トップモデル、芸能人など、有名人も多数学んでいる全世界で人気沸騰中の格闘技、ブラジリアン柔術!新規会員募集中です!


TATORU柔術アカデミー公式スポンサー
「BAD BOY」
http://www.badboy.jp/

「BAD BOY Facebookページ」

https://www.facebook.com/badboyjapan/?fref=ts

帯授与式

金曜日は帯授与式でした。 該当者は5名。

ブラジリアン柔術の帯は5段階(白→青→紫→茶→黒)に分かれていて、1番上の黒帯に到達するまでは、順調に結果を残していっても10年近くの年月を要する大変厳しい世界です。

そんな厳しい帯社会での昇格は嬉しさもひとしおだと思います^^

柔術とは旅です。
つまずいたり挫折したり喜びがあったり、人生とよく似ています。
大事なのは、道半ばで諦めず歩みを止めないこと、速度は気にしないで一歩一歩進んでいくことです。

、、と、いきなりかっこつけたことをいってみましたが(笑)、やるからには黒帯を目指した方がわかりやすいと思うので、あくまで過程なんだという思いで、また新たな気持ちで柔術を学んでいただければと思います。

次の帯での皆さんの活躍、期待しています^^

おめでとうございます!! 

チームメイトからの帯叩きという手荒い祝福を食らったあとは、昇格者からのスピーチです^^

兄弟で昇格した時任兄弟。色んな苦労や涙もありました。しかし似てない兄弟です笑

女性青帯誕生!

TATORUに女性初の青帯が誕生しました^^

入門して10ヵ月、週4ペースの練習を重ね、計算すると練習日数は180日に及びます。

日数だけきくと、とてもストイックに練習をやっているイメージですが、実際は、練習も試合もいつも笑顔で柔術に取り組んでいます^^

今のままで今後も楽しく柔術続けていってください^^

おめでとうございます!!

目立ちたがり屋ですがシャイな性格ですので、会ったら「おめでとう!」と声を掛けてあげてください^^