BLOG

グランドインパクト南日本選手権2016結果

8月7日に福岡で開催された柔術の大会、「グランドインパクト南日本選手権2016」、タトルから5名の選手がエントリー、好成績をおさめました!

 

九州では年に6〜8回程度「ブラジリアン柔術」の大会が開催されています。

 

当スクールでは、趣味やカラダ作りで柔術をされている人たちが大半ですが、大会に出て「勝負」をしてみるのも、日常のよい刺激になると思います^^

 

 

■レオナルドアッカツ(TATORUインストラクター)
アダルト茶帯オープンクラス(無差別級) 優勝

 

 

■時任 陽一郎(TATORUインストラクター)
アダルト紫帯オープンクラス(無差別級) 準優勝

 

 

■西岡 憲司
マスター1青帯ヘビー級 1回戦敗退
マスター1青帯オープンクラス(無差別級) 1回戦敗退

 

 

■蓑田 めぐみ
女子アダルト白帯フェザー級 優勝
女子アダルト白帯オープンクラス(無差別級) 3位

 

 

■鶴園 啓吾
アダルト青帯ライト級 棄権(39℃以上の高熱のため)
アダルト青帯オープンクラス(無差別級) 棄権