BLOG

受け身大切!梅宮辰夫さん、30針を縫う大怪我!

img_4556.jpg

出典:http://ur0.work/J7Qb

 

 

先日、都内のホテルで、梅宮辰夫さんの「生誕80歳・芸能生活60年」をダブルで祝福するパーティーが開催され、リハーサルのために会場入りする際に、ホテル玄関で転倒し顔面を強打、30針を縫う大けがをしたという、痛々しい事故がニュースになりました。(記事はこちらから)

 

3時間後には会場に戻り、パーティーを再開されたそうですが、昔の人は根性がちがいますね。。。

 

 

しかし、受け身をしっかりとっていれば、ここまでの大怪我になっていなかったかも知れません。

 

「受け身」とは、地面に激突する際に、身体的ダメージを軽減するための防御の姿勢、または動作のことです。

 

7650963504_img_0834-1.jpg

 

道場でも準備運動で毎日おこなっている受け身。猫のようにクルリと回ったり、衝撃を逃したりなど、怪我防止のためにとても大事な動きです。

 

また、そういった怪我防止の意味もありますが、命を守るという大切な意味もあります。

 

というのも、以前、自転車で転んでしまい、とっさに前回り受け身をして軽傷で済んだことがあります。

その時はつくづく、ブラジリアン柔術をやっておいてよかったと思ったものです。

 

格闘技を始める目的は様々ですが、「受け身を上手になる」、というのも格闘技を始める重要な動機のひとつだと思います。

 

受け身でマットをバーーン!と叩くとストレス発散にもなりますよ!

 

 

以上、TATORU広報部からでした!

 

7650963504_img_0836-1.jpg

 

 

熊本県熊本市南区出仲間8丁目5-26
熊本のブラジリアン柔術道場
熊本の格闘技ジム
熊本ブラジリアン柔術アカデミーTATORU(タトル)
070-5817-9689